タロー・デ・パリ ジャパン 公式サイト

タロー・デ・パリ ジャパン 公式サイト

トップ > 創始者 J ・フィリップ・トーマス

J ・フィリップ・トーマス -J.Philip Thomas-


ジョージア州アトランタ出身。
2002 年に出版された タロー・デ・パリの作者(イラスト&本)。

17 歳よりタロットとギターを片手に世界中を旅し、オーストラリア、インドネシア、インド、フランス等に住む。
彼独自の視点を本、音楽、写真、アート、テキスタイル等に表現。

現在ハワイ・マウイ島ノースショアに家族と共に在住18年。

無限の可能性を秘めるあなたへ

「リーディング法は簡単です。魔法があるわけじゃない」。

そういってフィリップさんは、タロットカードを私の前においた。
私は深呼吸をしてカードを手に持ち、シャッフルをする。

「これは、意識と無意識とをしっかりと結び付けるためのカードです。
このカードでまず、現在のあなたを見てもらいましょう。
過去のパターンによって出来上がった現在をね。
大切なことは、選択すること。立っている位置を確認すれば、どんな未来も自由にチョイスできるんです」。

リーディングをしてくれているのは、このカードのクリエイター、フィリップ・トーマスさん。
彼は20 年以 上の歳月を経て「タロー・デ・パリ」を創造した。

ニューエイジムーブメントが花開いた1967 年、ロスの本屋で導かれるようにして手に取ったタロットの本が、フィリップさんの人生を大きく かえてゆく。
やがて17 才のフィリッ プさんは、タロットカードとギターを持ってオーストラリア、インドネシア、インド、フランスなど世界へと旅に出た。音楽とアートとタロット。
まさに大アルカナに描かれた愚者のような、境界を越えた旅だ。

「なぜパリなのか? よく聞かれま すが、その問いに答えても無意味で しょう。
問いはマインドからやってくるもので、私たちが今求めているものは、マインドを越えたところからやってくるヴィジョンだからです。
このカードはマインドをスローにして溶かし、ヴィジョンを捉え、元型に触れるためのツールです」。

旅の中から生まれた光のカード

世界史の表舞台として世界に影響を与えてきたパリ。
神秘主義の重要 な地でもあるそこに、1781 年タ ロット史に残る人物が登場する。

エ ジプト研究や神話研究で有名なクール・ド・ジェブラン。
彼はあるパーティで、リーディングのためのカードとしてのタロットの使い方を披露した。
たった一人の男性がまいた種が世界に 広がり、遠くアメリカやそして日本にも芽吹いた。

それから200 年後、同じくパリ (シャンゼリゼ通り上)で壮大なヴィジョンを受け取ったのが、フィリップさんだった。
なぜそのような映像を 見せられたのか、本人にも大きな謎 だったという。
その答えを探し出すかのごとく、イメージを追い求める ようにカメラをかついで連日パリの路地をさまよい歩いた。
写真の総数3500枚を超えたという。

本来カードリーディングというものは、魂の中にすでに存在している答えを「ひく」という行為を通じてカードに代弁させ表現させることだ。
無意識に、意識的に選び出されるカードは、クライアントの現在と過去をパリを通じて描き出す。
直感でつながるためのカードを、マインドを駆使して作っても意味がない。

そのことを 確信したフィリップさんは意図的に迷子になることを選んで、その旅に没頭してゆく。
それは、歩くことで 自らの中に入ってゆく瞑想のように、マインドを外す作業だった。

タロットの宇宙システム=22 の旅

マインドのない世界。広大で豊かな無意識の場。
そこにいつでもアクセ スすることができたなら、生きることはどれほどすばらしいものになるだろうか?
自己変容をもたらす「光 の道」を歩むための指針となるカードは、ノーマインドの世界、人類意識の貯蔵庫である集合無意識から、その答えを導き出してくる。

大アルカナは0~21 までの、22 枚 のカードでできている。
これらのカードは壮大なストーリーを秘めているのだが、タロー・デ・パリの最大の特徴はこのインフィニティー ・シークエンスにある。

これには、・グラフィック的な記憶のアイコンとしての役割、 ・人生は前進していく無限大の可能性を秘めた2サイクル(陰陽)の永 続的な旅であり、滞りや直線上にあるものではないこと、・中心の0 、 11 の場は大きな 気付きとシフトが起こるところ、などの意味合いが含ま れている。この旅に始まりと終わりはなく、連続しながら魂が成長していく様子も読み取れる。
小アルカナは56 枚のカードからなり、4つのスー ツに分けられている。
タロー・デ・パリではそれをシンボルではなく、万物を組成する四大元素(火・風・土・ 水)に対応し、各カードに入り込める情景が描き出されている。

カードを巡る旅の果てにへ

降りてきたヴィジョンを現象化させるためには長い年月が必要だった。
1989年に再びパリを訪れた際、以前シャンゼリゼ通りを幾度も歩いていた時に感じた、「欠けている何か」をルーブル美術館の中庭に見た。そこにはガラスのピラミッドが建てられ、その地下には天井から吊るされたガラスの逆ピラミッドが、さらにその真下には金色の小型ピラミッドが置かれていた。
それを見た時に、フィリップさんの中でパズルのピースがはまり、パリとエジプトの不思議な関係が形をとりはじめたのかもしれない。

「パリの街はエボリューション(進化)とレボリューション(革命)を繰り返しながら、細胞のように大きくなっていき、パリ自体が巨大な集団記憶のプールのようである」。
その中を歩き続けるうちに一つの発見があった。400 年の歳月をかけてその時代 の権力者によって作られていったグランド・アーチからルーブルに続く道と建造物。このラインには集団記憶を浄化し、流す装置のような役目があるのではないか、ということだ。

さらに調べを進めると、このラインを地球上に延ばし、辿るとエジプトに続いていることも発見した。
そこには集団無意識の脈が流れているかのようで、この発見によってヴィジョンを見せられた謎が次第に解明してきた(詳しい内容は近著『ロゴス・ ライン』にて)。
実体験を元に作られたこのカードの大きな背景がようやく明らかになっ たのだ。

集合無意識の扉を開くリーディングへ

意識するしないに関わらず、私たちの人生は選択によって創造されている。ユングが唱えた集合無意識とは、仏教では「無量寿光」、宇宙の記憶庫アカシック ・レコードともいわれる。それは、全世界でほぼ共通の概念である内宇宙に存在する意識のネットワークであり、人類の叡智のプールそのものである。

古代より現代まで、自分自身の中枢にアクセスする方法を人は追い求めてきた。さまざまな方法論があみだされ、錬金術や悟りや目覚めを人々は今もなお求めている。フィリップさんを通じて、カードに変換された集合無意識の扉。
このカードを使えば、誰でもが叡智の源泉に触れることができる。

ギリシャや古代エジプトの叡智が連綿と受け継がれてきたタロット。
21 世紀、新しい光のカード「タロー・デ・パリ」は、これから本当の自分自身との出会いを果たしてゆこうとする人にとって、最良のパートナーとなるだろう。

雑誌 スターピープル・オブ・アース Vol.16より
ページのトップへ戻る